両親の介護に不動産担保ローンを利用しました

両親のための介護資金が必要になった

不動産担保ローン | 中央労働金庫

私は両親の介護でお金が必要になったので不動産担保ローンを利用しました。
不動産担保ローンは金利が低いの借りやすいというメリットがあります。
両親の所有している不動産はいずれ私が相続するものです。
担保に利用することで介護のための資金を賄うことができました。
不動産担保ローンは返済期間が長く設定できるので、毎月の返済額も少なくて済みます。
生活に大きな負担をかけずに多額の資金を用意できるので助かります。
本人名義の不動産のみに限定している金融機関もありますが、私が利用した銀行では両親や配偶者など家族が所有する不動産も担保にすることができました。
不動産を担保に融資を受ける場合、事業以外のことに利用するのが一般的です。
私が利用した銀行も事業性資金を目的としたローンは行っていませんでした。
ただし私の場合は事業ではなく両親の介護費用を目的としたローンだったので問題はありません。
不動産を担保としているので、カードローンなどを利用するよりも金利が安く返済が簡単です。
一般的に多くのカードローンやビジネスローンは無担保で利用できますが、金利は4%から15%とされています。
中には最高金利が18%に設定されているケースも見られます。
不動産を担保としたフリーローンでは2.9%から9.5%ほどです。
金利が非常に低いので生活に負担がかからない点に魅力があります。

両親のための介護資金が必要になったローン返済と返済期間借入の際にかかる費用不動産担保ローンを共同経営している運転資金で利用しました