両親の介護に不動産担保ローンを利用しました

ローン返済と返済期間

両親のための介護資金が必要になったローン返済と返済期間借入の際にかかる費用不動産担保ローンを共同経営している運転資金で利用しました

両親の介護には手間とお金がかかるので、なるべく負担の少ない方法で資金調達することが大切です。
カードローンやビジネスローンは気軽に借りることができますが、最大限度額は1000万円ほどとされています。
不動産担保ローンならば、担保とする不動産の価値によって限度額が変わります。
低金利で1億円以上の資金を借りることも可能です。
私はそれほど多くの資金を必要としていませんでしたが、まとまった額の資金を調達するには不動産担保ローンが最も優れた方法です。
不動産を担保に融資を受ける場合、返済期間を10年や20年、30年と長期に設定することができます。
私はなるべく早くに返済したかったので10年を選びました。
金融機関によっては35年もの長期ローンを提供している場合もあります。
返済期間が長くなるほど毎月の返済額が少なくなるというメリットがあります。
ただし返済期間が長期化すると、利息の負担額が大きくなるので注意が必要です。
毎月の収入を考えて、無理なく計画的に返済できる期間を選ぶとよいでしょう。
不動産担保ローンには様々なメリットがありますがデメリットも存在します。
例えば融資までにある程度の時間がかかります。
カードローンは無担保で融資までの時間が短いのがメリットです。
早ければ数分ほどで審査が終了してその日のうちに融資を受けることができます。